成分の効能と効果|がんに効くプロポリスと抗がん剤治療の肌荒れにはエクオール

成分の効能と効果

蜂蜜

様々な中高生分をぎっしり配合

今確認できるだけでも、200種類以上の成分が確認されています。例えば海藻類に含まれるミネラル類や、ビタミンB2B1、葉酸などがお互いに力を合わせることで我々の健康をサポートします。特に忘れたくないのが、体内で生成できないフラボノイドの存在です。それも一つではなく様々な種類があり、働く作用や特徴が異なります。がん治療に大きく期待されるプロポリスには、数種類のフラボノイドが含まれているため、抗酸化機能がよく働いてくれるのです。

バリアが働くことで活性酸素を抑える

プロポリスは別名「天然のバリア成分」と名付けられていますが、理由の一つに抗酸化作用の働きがあります。殺菌能力と、消毒する作用の影響で小さい病気から癌などの大きな病気まで予防や改善への期待が持たれています。最近では、活性酸素が抑えられたことを受け、鎮痛効果に良いと評判です。

体力が消耗した時に活用されている

治療効果として高い抗がん剤も、副作用との闘いで免疫力が下がる一方です。言い方は悪いですが、抗がん剤治療で命を落としたと訴える家族も少なくありません。やはり治療と共に免疫力も下がりますから、治療中もプロポリスを服用し、体全体の細胞と臓器の働きを活性化させることががん完治の一歩に繋がります。

本当に効果はあるのか?

がんに侵されると、食べる気力もなくなり顔色も一気に悪くなります。誰が見ても体力の衰えは明らかでしょう。ある事例では、プロポリスを飲み始めたことで顔の血色が良くなり普段通りに食べられるまでに回復した患者さんもいるようです。確実に良くなるとは言えませんが、少なくともがん治療のサポート役としてならいいパートナーだといえます。